2012年05月17日

ASJ佐世保スタジオ・第19回住宅展のお知せ

ASJ佐世保スタジオ
第19回未来をのぞく住宅展

5/19(土)・20(日)
アルカス佐世保 1階イベントホールにて開催されます。

是非お立ち寄りください。お待ちしています。
http://www.asj-net.com/event/data.php?eventid=112-24


20120519佐世保EV.jpg
posted by kaidou at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

ASJ福岡・福岡西イベント@キャナルシティ

ASJ福岡・福岡西スタジオ
第28回未来をのぞく住宅展
http://www.asj-net.com/event/data.php?eventid=61-24

キャナルシティ3階ビジネスセンタービル302 西部ガスリビングスタジオhinata内

お近くにお越しの方、覗いてみてください。

asj福岡ev20120128 のコピー.jpg
posted by kaidou at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

ASJ飯塚イベント

ASJ飯塚スタジオ
第7回未来をのぞく住宅展
http://www.asj-net.com/event/data.php?eventid=189-11

福岡県立飯塚研究開発センター 2F・多目的ホール

お近くにお越しの方、覗いてみてください。

12-3・4飯塚イベント.jpg
posted by kaidou at 16:42| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

ASJ阿蘇・熊本イベント

ASJ 阿蘇・熊本スタジオ
第2回建築家展
http://www.asj-net.com/event/data.php?eventid=216-2

お近くにお越しの方覗いてみてください。
熊本・阿蘇イベント2011-11-19.jpg
posted by kaidou at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

一区切り

前回のアップからしばらくブログを放置していました。
いつも見てくださっている皆さんごめんなさい。

事務所のホームページは大リニューアルの骨格は一応出来ました!

まずは作品集のページを充実させるべく、作成していきましたが、
なれない作業+htmlの編集自体時間がかかって
中々片手間で出来なくて、ちょっとづつの更新を繰り返し何とか今の状況までこぎつけました。

どうぞご覧になってください!
http://www.k3.dion.ne.jp/~ateliery/index.html

同時に始めた所長の睦也のブログは、英国の旅行記を中心にたくさんの投稿をしています。
こちらもかなり読み応えがありますので、お時間ある方・イギリスに興味がある方はぜひ行ってみてください!
http://blogs.yahoo.co.jp/kaido0105

いつも見ていただいてありがとうございます。
posted by kaidou at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

悪戦苦闘中

只今、アトリエ優のホームページの大リニューアル作業中です。
以前のページは数年前に所長の睦也がホームページぐらいないとなということで作ったものでしたが、大分時間が経過し古いものになってきました。

私自身がHTMLにあまり詳しくなく(もちろん所長も)リニューアルに手があまり出せなかったのですが、一生懸命勉強しながら悪戦苦闘しています。

親しみやすい いいページになるようにがんばりま〜す!!
目標は9月中旬アップです。
乞うご期待!!

海藤哲義
posted by kaidou at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

外壁完成

引き続きアンティークショップの現場です。

建物の外壁の塗り壁と古レンガタイルの目地詰めが終わりました。


塗り壁は左官職人さんにお願いしたのですが、
塗厚を厚く デコボコになるように
しかも柱よりはみ出して塗るようにお願いしました。

職人さんはついつい綺麗にフラットに塗りたがるのですが、
そうしてしまうとせっかくの曲がった屋根・デコボコの柱が
台無しになってしまうので 注意して塗ってもらいました。

左官職人

塗壁完成1
塗った後がこんな感じです。



塗壁完成2

光が当たると、壁面の凹凸が良く分かります。
これから年月が経って白い壁が汚れなどでくすんでくると風合いはさらに増してくるでしょう。
楽しみです。


また、古レンガ割りのタイル目地を詰めました。
タイル目地


外観はこんな感じです。
外観1


光が当たって影のラインが手書きのようなウネウネ線になって
とてもいい感じです。

外観2

屋根の棟部分に何か乗っているのが見えますか?
答えは・・・実物を見てみてください。
ショップの店員さん(職人さん)の手作りです。


内部の写真も出して行きたいのですが、
家具がなかなか片付かず難航しているようで写真が取れません(泣)

お店のオープンは6月末だそうです。それまでには何かアップできると思います。



posted by kaidou at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

外壁を貼っています

東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた方々に心よりのお見舞いを申し上げます。

復興に向かうために何か出来ることは無いか日々考え、行動するようにしています。

まだまだ混乱は多方面で続いておりますが、事態がいい方向に進むように祈るばかりです。


間接的にでも支援となるように日々の仕事を着実にやっていくことも重要だと思います。

前回に続き市内のアンティークショップの現場です。

現場は外壁の仕上げの段階に入ってきました。

◆1階の店舗入口部分の壁はアンティークレンガ貼です。
材料はこれ↓

レンガ材料











古いレンガをスライスしたものです。カドがとれた風合いのあるいい感じのレンガです。これを壁に貼っていきます。

本当はレンガを積みたいのですが構造上な理由などで難しく、日本では貼りあげて積んでいるように見せることがほとんどです。

貼ったあとがこれ↓

レンガ貼








ただ貼るだけではつまらないので、一部斜めに貼っています。(網代貼・綾杉貼などどいいます)
まだ目地材を詰めていませんが、目地を入れるとさらに風合いは増すでしょう。





◆2階の壁はハーフティンバー(木骨様式)の壁といって、構造柱・梁などの骨組みを外にむき出しにし、その間に壁材を充填する方式です。

しかし本当に柱を外にむき出していると日本の場合、台風時に雨漏りをするので基本的に出来ません。

なので、付け柱・付け梁方式でハーフティンバー調の壁にしようと思います。

まずは大工さんに外貼用の材料に工具でナグリを入れてもらい、デコボコした柱にしてもらいます。

ナグリ











出来上がった材料がこれ↓

付桁材料








で取付けた写真がこれです。↓

付桁取付








なかなかいい感じです。
オマケで付けた付けスジカイの曲がり具合もいいです。
本当は柱を斜めに付けて経年で傾いたように見せたい気持ちもあるのですが、それをすると見ている方が不安になるとの事で、そこまでの悪ノリは止めておきます。

次回は室内に目を向けてみようと思います。


posted by kaidou at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

上棟風景

先日福岡市内で上棟式がありました。

上棟1








イギリスアンティークの店舗なのですが、

うねり棟木












この屋根の棟部分と母屋部分(屋根の下地の骨組み部分)が
うねうねと曲がっています。
これは、大工さんの腕が悪くてなってるわけではなくて(笑)、もちろんわざと曲げてもらっているのです。

大工さんたちからは「こげなことしたことなか!」「本当にしていいと?」と言う声があちこちから聞こえてきます。

イギリスの特に田舎の家は築100年以上の家がごろごろあり、古びたやさしい外観の家がたくさんあります。
屋根は経年や地盤沈下などの理由でくぼんだりし、うねうねと曲がっているのですが、それが結果的にやさしい丸みをおびた外観となっています。

このアンティークショップは日本に建つので日本の気候風土に合わせた建て方をしなければいけないと思っていますが、イギリスの田舎の家の優しい外観を少しでも取り入れられないかと考えて、このように最初からわざと曲げることをやってみたのです。


うねり棟木完成








垂木(細い角材)を乗せるとうねった屋根のフォルムが見えてきました。




上棟完了外観







道路から見ると遠めに見ても、骨組みだけですが屋根がうねうねと曲がっているのが分かります。




屋根完了













後日屋根の材料を葺き終わったときの写真です。

狙い通り優しいラインが出ました。
こんなスカイラインの建物は日本ではなかなか無いと思います。
ショップのオーナーも喜んでおられます。

次は壁をどうやって古く見せるか考えていこうと思います。
お楽しみに!


posted by kaidou at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

〜大正ロマンが香る家〜

レトロな和家具がお好きな若いご夫婦と2人のお子様が住まわれる家です。
家具のみならず、住宅も古きよきものを用いてみようと検討し、玄関扉を含め室内建具は熊本の古民家で使用されていたものを流用し、居間のすすで黒くなった丸太梁は宮田町の農家の解体にともなって譲り受けたものを使用しています。
玄関を入ると土間が広がりその土間をはさんで古い建具を開けると和室と居間が一体となるよう設計しています。
建設に当たってはご夫婦にも協力を依頼し、楽しい笑顔で出来上がった住宅です。

外観 大正ロマン
外観 大正時代の和と洋が混在する外観









玄関 大正ロマン

湾曲した玄関庇と引違いの玄関扉








土間 大正ロマン
玄関土間 三和土をベースに固めたもの







丸太梁 大正ロマン
吹抜の丸太梁








梁解体現場 大正ロマン
丸太は宮田町の築130年の農家の解体現場より譲りうけたもの







トイレ床 大正ロマン








ご夫婦自ら施工したトイレ床





奥様施工 大正ロマン






トイレの床のモザイクタイルを奥様が施工中。



posted by kaidou at 16:56| Comment(0) | TrackBack(4) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

〜現代数奇屋の家〜

3方道路に面した敷地に建ち、オープン外構のため外観に特に留意した住宅です。
「和モダン」を望まれる施主との打合せの結果、「軒先で和風の美しさ」を表現することにしました。
軽やかに長く伸びる軒先と、やわらかな曲線の破風をもつこの家はまさに現代数奇屋です。

外観 数奇屋



2階屋根はムクリを持ったコロニアル葺、平屋部分の屋根はガルバリウム鋼板葺。
杉目板貼の外壁と棟を支える方杖がアクセント

居間 数奇屋



居間とワークスペース

和室 数奇屋



平面的に30°傾いた和室



洗面 数奇屋



タイルで仕上たカウンターに置き式の洗面器


小屋組 数奇屋



2階の洋室 天井は屋根勾配なりに小屋組、杉板を見せました。


posted by kaidou at 15:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

〜コントラストの家〜

タテラインとヨコライン、面と線、表情に富む素材とプレーンな素材、こうした反する要素を意識的に「組合わせ」て構成したコントラストのある家です。

「組合わせ」は屋根にも繰返され、片流れ・切妻・寄棟の屋根形式を持つ洋瓦葺きです。

1-5外観






リビング コントラスト



リビングの一角に和室をしつらえ、ブラインドで仕切られるようにしています。
リビングの床材はオーストラリア桧のムクフローリング材を使用しています。


玄関 コントラスト






玄関に入って正面に見える壁だけビニールクロスの柄を変え、アクセントとしています。



洗面 コントラスト









タイル貼のカウンターに置き式の洗面器


2階 コントラスト





書棚組込みの階段腰壁


小屋組 コントラスト









2階子供部屋の天井は勾配天井で杉板貼としました。


posted by kaidou at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

〜方形屋根の家〜

1階 正方4.5間角の上に、2階 正方3.5間角が重なる方形屋根の家です。
このプランは施主希望の風水によるものです。方形屋根は建物にやわらかさを出すため、ムクリのついた6.5寸勾配、その頂部に通風・採光用に電動ガラスルーバーの四角い箱を乗せています。
軒先を支える方杖と木製フラワーバルコニーが和風の趣を演出し、ご家族はこの家を「銀閣寺みたい」と言われています。




方形外観


外観







インテリアは自然素材にこだわって、パイン材(エゴマ油含侵)のムクフローリング、壁は珪藻土、天井は杉板貼。
室内建具は奥様のお父様が造られました。また、建具の取手は奥様が山歩きをして見つけてきた自然木の枝を使いました。



方形居間2



居間 和室床は30cm高く設定し、タタミ下は6帖大の床下収納





方形居間1



ダイニング ダイニングの奥は家族のワークスペースカウンター





方形和室カウンター



和室 ちょっとした書斎カウンターとしてサッシ面台を大きめに取り付けました。 





方形2階



2階フリースペース 個室予定の2階はお子様がまだ幼いので当面は遊び場として間仕切りを設けていません。



posted by kaidou at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

〜安心永持ち住宅〜





囲炉裏外観








宮崎県の木材協同組合と共同で開発した7寸幅の梁、柱、土台を用いた永持ち住宅です。
7寸角の露出した柱を2間×2間、2間×1.5間間隔に配置し、同じく7寸幅の横架材で構成された空間は、構造として堅固であるのみではなく、視覚的にも安心感を与えてくれます。
中央の吹抜は八面取りの太い丸太が重層に組み合わされています。
長寿命を目的としている為、使用する素材は耐性とともに、美的にも「年月とともに…」「ますます美しくなる。」ものを吟味しています。


居間上部梁組
囲炉裏見上げ
2階から梁組を見下ろす
囲炉裏大梁
居間吹抜頂部の梁架構
囲炉裏天井










吹抜上部は、開閉式のルーバーで、囲炉裏の煙抜きを兼ねたトップライトが備わっています。
吹抜の高さを強調する長いコードペンダントの照明が4本頂部の梁から囲炉裏まで吊り下げています。




玄関の大黒柱(8寸角杉柱)囲炉裏8寸柱




2階洋室
囲炉裏2階













浴室
囲炉裏浴室
手作りの洗面器囲炉裏洗面






posted by kaidou at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

〜土間のある家〜



土間外観

福岡県にある風光明媚な住宅地”久山風月原”
これはその住宅地のセンターハウスとして計画された住宅です。




土間1


入り口の扉を開けると土足のまま使う土間リビングが迎えてくれます。
かつて土間は農家にとって欠かせないものでした。そもそも土間は、雨の日に農作業をする場であり、内と外をつなぐ「間」であり、ご近所さんが気軽に入って声を掛けてくるような気さくなコミュニケーションの場でもありました。
道路事情の良くなった現在では床の汚れもさほど気になりませんし、スリッパやサンダルでも充分生活することができます。


土間トイレ土間から土足のまま使うキッチン・洗面・浴室・トイレが「動」の空間。








土間和室

それに対し、靴を脱いで板の間より和室・書斎・2階部分がいわゆる「静」の空間として計画しています。







土間納屋
また土間と同じように、かつての農家に欠かせないものとして手仕事納屋がありました。
この家では屋外収納・作業スペース・車庫など多目的に使用できる納屋を付属させています。


posted by kaidou at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。