2008年12月04日

〜方形屋根の家〜

1階 正方4.5間角の上に、2階 正方3.5間角が重なる方形屋根の家です。
このプランは施主希望の風水によるものです。方形屋根は建物にやわらかさを出すため、ムクリのついた6.5寸勾配、その頂部に通風・採光用に電動ガラスルーバーの四角い箱を乗せています。
軒先を支える方杖と木製フラワーバルコニーが和風の趣を演出し、ご家族はこの家を「銀閣寺みたい」と言われています。




方形外観


外観







インテリアは自然素材にこだわって、パイン材(エゴマ油含侵)のムクフローリング、壁は珪藻土、天井は杉板貼。
室内建具は奥様のお父様が造られました。また、建具の取手は奥様が山歩きをして見つけてきた自然木の枝を使いました。



方形居間2



居間 和室床は30cm高く設定し、タタミ下は6帖大の床下収納





方形居間1



ダイニング ダイニングの奥は家族のワークスペースカウンター





方形和室カウンター



和室 ちょっとした書斎カウンターとしてサッシ面台を大きめに取り付けました。 





方形2階



2階フリースペース 個室予定の2階はお子様がまだ幼いので当面は遊び場として間仕切りを設けていません。





posted by kaidou at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。