2009年09月03日

〜コントラストの家〜

タテラインとヨコライン、面と線、表情に富む素材とプレーンな素材、こうした反する要素を意識的に「組合わせ」て構成したコントラストのある家です。

「組合わせ」は屋根にも繰返され、片流れ・切妻・寄棟の屋根形式を持つ洋瓦葺きです。

1-5外観






リビング コントラスト



リビングの一角に和室をしつらえ、ブラインドで仕切られるようにしています。
リビングの床材はオーストラリア桧のムクフローリング材を使用しています。


玄関 コントラスト






玄関に入って正面に見える壁だけビニールクロスの柄を変え、アクセントとしています。



洗面 コントラスト









タイル貼のカウンターに置き式の洗面器


2階 コントラスト





書棚組込みの階段腰壁


小屋組 コントラスト









2階子供部屋の天井は勾配天井で杉板貼としました。


posted by kaidou at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。