2010年03月26日

〜現代数奇屋の家〜

3方道路に面した敷地に建ち、オープン外構のため外観に特に留意した住宅です。
「和モダン」を望まれる施主との打合せの結果、「軒先で和風の美しさ」を表現することにしました。
軽やかに長く伸びる軒先と、やわらかな曲線の破風をもつこの家はまさに現代数奇屋です。

外観 数奇屋



2階屋根はムクリを持ったコロニアル葺、平屋部分の屋根はガルバリウム鋼板葺。
杉目板貼の外壁と棟を支える方杖がアクセント

居間 数奇屋



居間とワークスペース

和室 数奇屋



平面的に30°傾いた和室



洗面 数奇屋



タイルで仕上たカウンターに置き式の洗面器


小屋組 数奇屋



2階の洋室 天井は屋根勾配なりに小屋組、杉板を見せました。




posted by kaidou at 15:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。